タグ:ブロンプトン ( 156 ) タグの人気記事

垂水ポタ

今日もいい天気
夫婦で須磨、垂水界隈を30キロほどポタリングをしてきました。
f0134165_2217499.jpg

GWも後半でかなりたくさんの家族連れの人たちがいましたね。
それとブロンプトンにもいっぱい出会ったなぁ~

僕らが乗り始めた8年、9年前くらいはほとんど見かけなかったですけどね。
ご夫婦らしきお二人で乗られてる方も2、3組見ましたね。


ここ初めて立ち寄りましたが、恋人岬って名がついてました~
f0134165_22171317.jpg

[PR]
by Pachypo | 2015-05-05 22:24 | ポタリング

Queen Elizabeth

久しぶりの更新で~す。

朝から神戸港にクィーンエリザベスが入港すると知り、ポタリングがてら見学に行ってきました。
午前8時入港とのことで、取り敢えず家のベランダから確認。
f0134165_19162627.jpg

橋と比較しても、ちょっとした島くらいの大きさやね~
f0134165_19191258.jpg

早速、自転車で30分ほど走って、ポートアイランドに到着。
f0134165_19202330.jpg

やっぱりデカイね。乗ってみたいね。
最低の部屋でも200万円くらいするようなんで、車を買うか、船旅かってくらいの選択ですね。
f0134165_19204899.jpg
f0134165_19205657.jpg

ポーアイに行く途中の道も一眼持った人たちでいっぱい。
ちょっとした万国博覧会って感じになってました。
f0134165_19214731.jpg

早くも今夜の12時頃に出港してしまうようですが、次回はいつ見れるのかな。
[PR]
by Pachypo | 2014-03-19 19:28 | 出来事

2014 初ポタ

先日、ボクチンさんと今年の初ポタをしてきました。
HAT神戸から明石の播磨自転車道まで
f0134165_2333134.jpg

正月の餅太りを解消しようと思いながらも明石焼食べて、お昼御飯食べて、ケーキ食べて・・・
f0134165_2342223.jpg

この場所は懐かしいですね~
神戸ポタリングクラブの最初のブロンプトンミーティングで集まりました。
6年くらい前に、ブロが20台くらい集まったのは爽快でした。
f0134165_2334759.jpg

往復、70、80キロのコースでしたが、僕の膝がちょっと痛くなって
須磨から輪行となりました。

今年も頑張って自転車乗ろう~!
[PR]
by Pachypo | 2014-01-07 23:13 | ポタリング

風邪引いてました

すっかり更新をさぼってました。
ここ一週間ほど、夫婦で変り番こに風邪を引いて・・・
いつものことですが、うちの夫婦はいつも喉がやられます。
熱は出なかったんですけどね。喉のイガイガは何もやる気をなくさせます。

昨日、しばらくぶりに西宮をポタってきました。
春はサクラの綺麗な場所ですが、今は落ち葉。
f0134165_22481479.jpg

でも、またすぐに春になってサクラが咲くんでしょうね。
f0134165_22491521.jpg

「さくら~!さくらはどこじゃ~!」
[PR]
by Pachypo | 2013-12-05 22:54 | ポタリング

Brompton 2P in 奈良

ボクチンさんが前々から欲しがってたPハンドルをゲットしたので昨日奈良でポタリングをしてきました。
ボクチンさんのPは、この日が初乗りです。
色はデザートサンド・・・日本的にはからし色っですな。
最近、ブロをよく見かけるようになりましたが、なかなか2Pには会わんですね。
しかも、フロントバックまで一緒で・・・・

いや、でも僕のはなんちゃってPなんで・・・
f0134165_1952643.jpg

そば屋さん、喜多原の開店時間にちょうど前を通りかかると誰も並んでなかったので、食べてきました。
ボクチンさんに聞くと、いつきてもいっぱいで食べれたことがないとのこと。
僕も初めて食べ、とても美味しかったですが、店内で出てくるのを待ちながら
いろんな意味でいつも並んでる意味が分かった気が・・・
f0134165_1955062.jpg

これからのポタは、この2Pが中心になりそうな・・・
Mハンドルにマンネリしてた感もあり、いろんなところが握れるPハンドルが楽しいのです。
f0134165_1953927.jpg

[PR]
by Pachypo | 2013-11-17 19:20 | ポタリング

明石往復

先日、ボクチンさんと灘から明石まで往復してきました。
ボクチンさんもなんちゃってPに試乗してなかなかお気に入りのようです。
f0134165_23451898.jpg

灘から明石往復で約60キロ。
ブロで結構走ったな~って思う距離は、いつもだいたいこれくらい。
平地ばっかりで、そんなに疲れもなかったのでもうちょっと行けるかな。

まだ100キロは走ったことないので、そろそろチャレンジせんと・・・
[PR]
by Pachypo | 2013-10-15 23:53 | ポタリング

オブジェ

f0134165_23171571.jpg

ポートアイランドの南の端に、いつのまにやらこんな物ができてました。

対岸に神戸空港の離発着が見れ、遠くに明石大橋が望めるいい場所ですが、
めったにここで人に会ったことがないんやけどなぁ・・・

このオブジェは、誰に見せるために作ったんやろ?
もしかして飛行機から結構見えるのかなぁ・・・・
f0134165_23171648.jpg

[PR]
by Pachypo | 2013-10-10 23:22 | ポタリング

なんちゃってPハンドル

f0134165_22211268.jpg

一度Pハンドルに乗ってみたくて、ハンドルだけMからPに替えてみました。

ほんとは3台目のブロンプトンにPハンドルを!って思ったのですが、
周りのブロ3台はいらんやろ!って声と、最近の価格高騰で断念。

本来のPハンドルは、ステムがもうちょっと前に倒れてるので、ステムも替えようかと思ったら
これがまた中途半端に高額。全部合わせると交換費用が6、7万円もかかるようなんですね。

そこで、今回のなんちゃってPハンドルになったのです。これなら1万円ちょっとでOK。
ま、Mハンドル2台より、1台はこれでも楽しいかなってことなんです。

従来のMハンドルと比べると、ハンドルの高さはほぼ一緒ですが、ちょっとハンドルが内側になるのかな。
あまり違和感はなかったけど・・・写真で比べると結構内側になってるように見えるなぁ・・・。
一度ほんまもんのPハンドルとも乗り比べてみたいな~。
f0134165_22274252.jpg

f0134165_2236770.jpg

折り畳みも問題なし。
f0134165_2228113.jpg

Mハンドルよりしっかりしてる感がありますね。

でも、このグリップを入れるのがかなり手ごわいそうです。お店の人が言ってました。

真鍮ベルが、ハンドルにマツタケ生えたみたい・・・・
f0134165_22281976.jpg

ま、しばらくはこのPハンドルで楽しんでみます。
でも、こうなるとSハンドルも欲しくなるなぁ・・・・・
f0134165_2228293.jpg

[PR]
by Pachypo | 2013-10-07 23:00 | 自転車

越知川名水街道自転車下り

もう5、6年ぶりでしょうか?
ブログを始めた当初に数回ご一緒して以来のmaruchanさんご夫婦といつものボクチンさんの4人で
昨日はポタリングを楽しんできました。

コースは、maruchanさんの地元、加古川近くの越知川名水街道自転車下り。
約20キロのほぼ下りのみのコースです。

僕は、ボクチンさんの車に便乗し、神戸方面から現地に向かい、コース麓の神河町の駐車場に朝9時に集合。

そこでmaruchanさんの車に自転車を積み替え、4人で出発点まで上がり、
自転車でコースをゆっくり下ってきたところでボクチンさんの車で、再度出発点に停めてるmaruchanさんの車を
取りに戻るという超楽チンのプラン。普通は上りも自転車かもしれませんけどね~。
その後、お昼御飯を食べ、温泉に入って解散という計画。

久々の再会でちょっと緊張する気もしたが、会った途端から会話が弾んだ。
4人とも緊張をほぐすために、最初だけ無理やりしゃべりまくってるのかと思ったら、
上りの車の中、全員がずっとずっとしゃべりまくってたのには驚いた。

まずは、コースの確認。
ある意味、横縞ペアルックのmaruchanさんご夫婦に挟まれ、説明をうけるボクチンさん。
僕の中でのイメージは、maruchan = 横縞。
f0134165_19451323.jpg

いよいよポタリングスタートです。
颯爽と先導するmaruchanさん、
久々の自転車で足が吊るかも・・・とシャクヤクカンゾウトウを握りしめるmaruyomeさん、
絶対迷子にならんなぁと思うほど鮮やかなシャツのボクチンさん。
途中トイレがあるかなぁ・・・と心配する僕と続く。
f0134165_19465932.jpg
f0134165_1947344.jpg

途中、不動の滝をちょっと散策。
f0134165_19474927.jpg

しかし、その後かなり早いペースで先導するmaruchanさん。
f0134165_19483679.jpg

「確か有名な大きな杉の木がありますよね?ちょっと寄りましょか」と叫ぶボクチンさん。
「それはもう過ぎたわ」と返事するmaruchanさん。
このままのスピードやったら午前中に、温泉ちゃうか・・・・と心配する僕。
f0134165_19485343.jpg

その後、しばらく走って喫茶で休憩して時間を稼ぐ。
そう言えば、さっきからmarucahnさんが、「わんかし、わんかし」と意味不明の言葉を発してた。
その意味が初めて分かった。この店の名前やたんや・・・・
f0134165_19495432.jpg

それにしてもみんなよくしゃべる。
あの人どうしてるやろ?あんなことあった、こんなことあった。
歳をとるほどにありがちな、2日前の晩飯は思い出さんのに、ずっと前のことはみんなよく覚えてる。

ここで小一時間ほどしゃべりまくって、ポタ再開。
が、ほんのちょっと走ったところで、道が・・・。つい先日の豪雨の爪痕のようです。
先導するmaruchanも茫然。
f0134165_19511065.jpg

諦めてコースを変更するのかと思いきや・・・

え、マジ?しかも、自転車畳むのそんなに邪魔くさい・・・?
f0134165_195278.jpg

その後、河原でおやつを食べたりしながら、ポタリングを楽しみ全員無事麓の駐車場に到着。
f0134165_19531629.jpg
f0134165_19533496.jpg


さて、駐車場で自転車畳んで、これからボクチンさんの車でmaruchanさんの車を取りに戻るのです。

ところが・・・・ここでボクチンさんがあり得ん事を言い出したのです。
ほんとにあり得ん事を・・・・「車のカギがない!マジでない!」

でも、そんなことをいっても普通は、よく探すと出てくるもんなんでね。
よくあるでしょ?財布落としたって叫んでよく探したら、鞄のいつもと違うポケットに入ってたりね。

でも、なんぼ探してもない!作り笑いをしながら絶望感漂う4人・・・・
そら、想像してくださいよ。山から20キロ下ってきて、どこで落としたか分からんのですよ。
20キロといえば、家の六甲の辺から須磨くらいまで走った距離。
見つかったら奇跡でしょ?

(以下、写真なしです。この状況では、手振れするからね)

このときの、みんなの頭の中がどうなってたのか見てみたい。
ちなみに僕の頭の中は、輪行バックを担いで、疲れてはてて電車に乗ってる帰る様子。

しかもみんな出発の時に、温泉セットや着替えなどいろんなものをボクチンさんの車に積み替えてたんですね。
「あ!私、ipad積んでるわ~。line popがでけへん・・・」となげく、maruyomeさん。

それでも諦めず、落としそうなところを全員で必死に思い出す。
maruchanの車の中?散策した滝?あの「わんかし」?もしかして、自転車を担いだあの岩場?・・・

そうこう言っててもしょうがないので、取りあえずバスでmaruchanの車に戻ることに。

もしmaruchanさんの車の中になかったら自転車で再度同じコースをゆっくり走って探すしかないし・・・
今度は大きな杉を見るんかな?

戻るバスの中では、景色を見ながらカメラの話や次回のポタ計画の話など、今の思いを無理やり紛らわそうと半笑いでする会話。
30分ほどして、到着。小走りにmaruchanの車に向かい、窓から覗き込む・・・「ない・・・」

「・・・・・・・・・」

ドアを開けて探す・・・・・・・・・・・・「あー!あったーーーーーー!」

この瞬間のみんなの気持ち分かります?
もう表現できないですね。ま、なにはともあれ、ほんとよかったです。
お陰さまで、ごっつい思い出に残るポタになりましたよね。


そして問題が解決すると人間て急にお腹が空くんですよね。
早速遅いランチに和食レストランへ。
maruchanさんご夫婦は、うどんと天ぷらのセット、僕らはトンカツ御膳。

先にうどんと天ぷらのセットが運ばれてきたんですね。
写真撮ってないけど、これがごっつい美味そうで、僕もこれにしたらよかった・・・って後悔。
ま、トンカツもおいしかったけどね。

早々に平らげて、最後のお楽しみ温泉へ。
ここがまた、貸切状態でこじんまりしたお風呂で露天風呂もあって、よかったね~!
特に今日は、みんな疲れきってたから、ほんと気持ちよかった。生き返った。

露天風呂でボクチンさんと二人で座ってボーって山見ながら
ボクチンさんも「カギが見つかってよかったなぁ」と考えてるんやろなって思ったら、
「さっきのmaruchanさんたちのうどん、めっちゃ美味そうでしたよね?」やて!
やっぱりあんたは同じ人種やわ・・・

温泉から上がって、ロビーでくつろぐ4人
それにしても尽きない話題・・・・
尿路結石のこと、大腸検査して12時間して最初のウンチが出たこと、ホットケーキの焼き方、
レタスが高いから半分で売ってること、コーヒーのこだわった入れ方・・・・何でもありです。

そんな会話の合間にmaruyomeさんが笑顔で
「さっきのトンカツ硬くなかった?この前、知り合いが確か硬いって言ってたわハハハ」って。
え!それ、今頃言う?と内心思う僕・・・

ともあれ、そんなこんなの楽しいポタ会も次回の再会を誓って解散とあいなりました。

そして、あ~この車で帰れてよかった~って思いながら助手席に乗る僕に
ボクチンさんが最初に発した言葉が、
「maruyomeさんもトンカツ硬いのもっと早よ言うてくれたらええのにねぇ~」やて。
あんたはどこまで同類・・・・


とにかく皆さん、お疲れさまでした!
[PR]
by Pachypo | 2013-09-15 20:01 | ポタリング

スピードの落ちる道路

お昼頃になるとまだちょっと暑いですが、徐々に自転車が最高の季節になってきましたね。

今日はこの秋晴れの中、家から神戸空港まで往復してきました。
家から往復で35~40キロで丁度いいポタリングです。

ここは神戸空港の西の端ですが相変わらず、いい感じの場所です。
僕の中の、プチハワイです。
f0134165_22225391.jpg

我が家は、六甲山の麓なんで、上の写真の奥に見える山の辺から走ってきたんですね。
山の麓なんで、坂道が多く行きはヨイヨイ、帰りはキツイ!なんですけどね。

坂道と言えば、先日初めて疋田 智氏さんの自転車本を読んだのですが、そこに上り坂の走り方が書いてたんです。
簡単に言うと・・・・

上り坂のコツはただひとつ、「ゆっくりと上ること」
ギアを一番軽い歯に合わせて、ゆっくり上る。
立ち漕ぎとかして、無理に上ろうとすると、坂がいやになる。
もう少し頑張れるけど、この程度で・・・というくらいがちょうどいい。

上り坂は「キツい道路」ではなく、「スピードの落ちる道路」
その認識だけで坂のイメージは変る・・・・ってこと。


坂が得意で、ガンガン漕いで上る方もいっぱいおあられるでしょうが、
この内容、僕にはぴったりはまりましたね。

今まで、結構立ち漕ぎして頑張ってヘトヘトになって上り切るか、途中で諦めて押すか・・・・だったんですね。
でも、これ読んで、「スピードの落ちる道路」って言うのを意識して上ると、
スピードなんか全然気にせず、頑張ろうとしない僕がおるんですね。
でも、そこそこの距離の坂も、ブロンプトンでちゃんと上りきれるんです。

上り坂は、やっぱりこれか~!これでええんや!って思いましたね。
その後も、何度か結構な坂を上りましたが、ゆっくり上りきれるんです。

レースに出るわけでもなく、自転車は楽しく走るがモットーの僕にはとても参考になりました。
f0134165_22243141.jpg

[PR]
by Pachypo | 2013-09-09 22:58 | ポタリング